気になったことを調べた記録

博士号取得後、化学系企業で働いています。物理化学、プログラミング、読書、自転車などが好きです。


Strength Finder2.0をやってみた話

巷で有名なこの本、Strength Finder(邦題:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0)をご存知だろうか。 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0作者: トム・ラス,古屋博子出版社/メーカー: 日本経…

理論化学の本を紹介していく(電子軌道の概念)

量子化学の一番初めは、とりあえず波動関数とは何ぞや?を抑えることだとすると、その後で来るのは、今度は軌道の概念を知ることだと思っています。 私は軌道のことは、友田修司先生の本で勉強をしました。 基礎量子化学―軌道概念で化学を考える作者: 友田修…

本。

<読みたい本リスト> ※自分用のメモ。 プログラミングHaskell haskellは少し触ったけど、面白そう。まぁLISPやってると(極められてはないけど。っていうか超初心者レベルだけどw)関数型云々に大してのアレルギーはないかな。LISP自体は、関数型云々言うよ…